■公演
▲TOP
   Artists and Concerts/Performances アーティスト・公演
   Information インフォメーション 
   Questions & Comments  お問合せ・ご意見 ▲HOME
Real & True Live Series  "Music from Finland"  
 Memnon ≫解説1 ≫リンク ≫Song Samples
 Pauliina Lerche ≫解説1 ≫Photo ≫リンク ≫Song Samples
Memnon メムノン (以下、Memnon のホームページより引用させていただきます)

Memnon(メムノン)はフィンランドの伝統楽器であるカンテレ奏者のEva Alkula(エヴァ・アルクラ)とサウンド・デザイナー Ville Hyvonen (ヴィレ・ヒュヴェネン)の二人からなる実験的なデュオ・ユニットです。

メムノンは伝統楽器と現代のデザイン、クラシカルな演奏技術と現代のエレクトロニクス、アカデミックな音楽と実験的な音楽、そして作曲とサウンド・デザインのそれぞれの間をつなぎ、或いは衝突させることを意図しています。

フィンランドのカンテレ演奏と音の伝統が、全く異なるパースぺクティブから見ることにより、新しい現代的なレベルに達しています。カンテレのユニークなフィンランドの音がスカンジナヴィアのエレクトロニクス・ミニマリズムと合わされ、クラシックなカンテレの伝統が実験的な音のランドスケープへと広がっていきます。

Eva Alkula はシベリウス・アカデミーを卒業していますが、彼女はそこでモダン及びクラシック・カンテレ音楽を学んでいます。1999〜2000には札幌の北海道教育大学で琴を学んだこともあります。メムノンでEva は新たにKoistinen Kantele (コイスティネン・カンテレ)によって製作された39弦のエレクトリック・カンテレを演奏しています。

Ville Hyvonen はロックから現代音楽、現代演劇まで演劇及び音楽シーンにわたって幅広く活躍するサウンド・デザイナーでありプロデューサーです。彼はラップトップ・コンピューターを使用してサンプリングし、Eva の弾くカンテレをリアイルタイムで変化させます。

www.memnon.fi