■公演
▲TOP
   Artists and Concerts/Performances アーティスト・公演
   Information インフォメーション 
   Questions & Comments  お問合せ・ご意見 ▲HOME
Real & True Live Series ミュージック from フィンランド 公演
 ≫解説 ≫リンク
■ 2007年5月24日 エヴァ・アルクラ カンテレ・コンサート (ソロ公演)
  2007年5月26、27日 「ミュージック from フィンランド」 公演

・エヴァ・アルクラ カンテレ・コンサート (ソロ公演)
フィンランドの伝統楽器「カンテレ」の第一人者エヴァ・アルクラによる来日ソロ・コンサートが決定した。

「ミュージック from フィンランド」 エヴァ・アルクラヘルシンキのシベリウス音楽院でRitva Koistinen (リトヴァ・コイスティネン)講師について現代カンテレとクラシック・カンテレを学び、2003年に修士で卒業している。その間(1999-2000 年)、北海道教育大学で琴を勉強した。

1999年にDuo Rauta (デュオ・ラウタ:Eva Alkula とKatja Pitkanen) 名義で "Uussoitto" 現代室内楽大会にて3位を獲得した後、2003年、フィンランドのカンテレ大会ソロ部門で優勝している。

現在はソロ演奏の他、室内楽アンサンブルのメンバーとして活躍している。日本ではMusica Orionという、日本・中国・ロシア・フィンランドの楽器を演奏するアンサンブルに参加、昨年はコンサートも行っている。フィンランドでは多くのミュージシャンと活動をともにし、Tuusulanjarvi室内楽週間フェスティバルやタンペレ・ビエンナーレにも参加している。 

フィンランド内外の現代作曲家によるカンテレ作品のプレミア演奏を行っているほか、エストニアの首都タリンのVon Krahl 劇場 や Savonlinna Opera Festival、フィンランド国立劇場、ヘルシンキ・スウェーデン劇場、フィンランド国立オペラ劇場などの劇場やオペラハウスで演奏をしている。そのうち、Savonlinna Opera Festival では Jaakko Kuusistoが作曲した "Koirien kalevala" というオペラ、Von Krahl 劇場では W.A. Mozart 作曲の 「魔笛」の演奏をエレクトリック・カンテレで行っている。

今回の来日期間中では唯一の公式ソロ公演となる。
 
5/ 24(木) 東京青山 ラパン・エ・アロ  東京都渋谷区神宮前5-44-2、電話 03-5469-2570
18:30 開場  19:00 開演 休憩を挟んで二部構成、CD販売・サイン会あり
料金 前売 3500 円  当日 4000 円 (チケット販売 5/2 より予約受付開始)
Office Ohsawa にメールticket@spn1.speednet.ne.jp か 電話 03 3728 5690へお願いします。
お申し込みの際にお名前・ご住所・ご自宅電話番号・希望枚数をお知らせください。
 

 
・「ミュージック from フィンランド」 公演
ヨーロッパでは「フィンランドはヨーロッパではない」という話をよくフィンランド人以外の人から聞く。日本人からすると北欧の一角を占めるフィンランドは明らかにヨーロッパなのだが、何かが違うらしい。実際、フィンランドの人たちと付き合うとよく分かるのだが、どこか深いところで日本人が共感する部分を持っている。自然を大きな力と感じるところ、メランコリックなところなどの他に、サウナ・温泉が好きだったり、目がねをかけている人の割合が多かったりと幾つか挙げることができる。
 

「ミュージック from フィンランド」 出演ミュージシャン 言語的にはウラル語族の中のフィン・ウゴル語派のバルト・フィン諸語に属するという。いわゆるヨーロッパ系の言語とは異なる。日本語と同じ膠着語で母音系の言葉が多く、綴りをそのまま読めばほぼ発音が間違いなくできる。フィンランドの人が話しているのを聞くとなんだか親しみやすさがあるのはそのせいだろう。

そんなどことなく親近感を持ちやすい国、フィンランドからとてもすばらしいミュージシャンがやってくる。Real & True Live Series で来日したことのある Alamaailman Vasarat (アラマーイルマン・ヴァサラット) やMemnon (メムノン) が再登場するのをはじめ、Teemu Mattsson (テーム・マットソン) とJarmo Saari (ヤルモ・サーリ) という実力派が初めて日本で公演する。

 

「ミュージック from フィンランド」 出演ミュージシャン

今回の「ミュージック from フィンランド」では二日間に亘り、フィンランドの音楽の最先端を疾走するミュージシャンを集めて行われる。例えばジャズと言っても、アメリカ系のブルーノートを多用した音ではなく、エレクトロニカ系といってもイギリスや他のヨーロッパ諸国のものとは一味も二味も違う。フィンランドはある意味「辺境」だからこそ、変なグローバル化に踊らされず、本物の音楽を紡ぎだすことができるのだ。フィンランドの伝統楽器カンテレをエレクトロ的に扱ったものから、東欧・中近東風メロディーがへヴィーなディストーションをかけたチェロの重奏をバックに展開するもの、静謐な空間に北欧的トランペットが響きわたるニュー・フィンランド・ジャズ、或いはたった一人のギタリストが大編成バンドに化けるものまで幅広くとりあげる。

Real & True Live Series でこそ初めて可能となったセレクションだ。
この機会を逃すと次は何年後か?!

5/ 26(土) 新宿 Pit Inn
チケット: 前売 3500 円、当日 4000 円 ドリンク付き
(15:00 の部 20:00 の部は別チケット)

15:00 -
1. マキガミサンタチ+ Samm Bennett (サム・ベネット)/巻上公一 Duo
2. Memnon (メムノン)
3.Jarmo Saari (ヤルモ・サーリ)

20:00 -
1. 太田恵資/佐藤正治 duo
2. Teemu Mattsson (テーム・マットソン)
3. Alamaailman Vasarat (アラマーイルマン・ヴァサラット)

5/27(日) 江古田 Buddy
チケット: 前売 3000 円、当日 3500 円 ドリンク別
(15:00 の部 20:00 の部は別チケット)

15:00 -
1 .Cicala-Mvta (シカラムータ)
2. Alamaailman Vasarat (アラマーイルマン・ヴァサラット)

20:00 -
1. Optrum (オプトラム)+日比谷カタン
2. Memnon (メムノン)
3.Jarmo Saari (ヤルモ・サーリ)


ticket@spn1.speednet.ne.jp (Office Ohsawa)
必ず、お名前、ご住所(郵便番号も)、お電話番号、ご希望公演日時とご希望枚数をご連絡下さい。 チケット発売及び公演についてのお問い合わせは、Office Ohsawa info@bigstream.co.jp 或いは 電話 03-3728-5690 まで。

Real & True サイト http://www.bigstream.co.jp/music/index.html
Real & True Live Series 担当者Blog http://invs.exblog.jp/

企画: Music Export Finland (MUSEX) / Office Ohsawa
制作:  Office Ohsawa
協力:  Hotwire   Tower Records   Disk Union